Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

有楽町線のおすすめ新築マンションとは?!

新居を探すとき、何にこだわりますか?やはり、毎日のことですから、職場や学校へのアクセスの良さというのは重視したほうが良いでしょう。また、最近は何かと物騒ですから、不審者などの被害に遭わないためにも、駅から近いというのは大切です。

では、駅から近ければどこでも良いのでしょうか?大学生さんなどが4年間しか住まない賃貸マンションであれば、それも良いでしょう。ですが、ファミリーが新築マンションを購入するとなると、どこの駅でも良いというわけにはいきません。パパさんの職場へのアクセスが良いなどの理由から、ひとつの路線しかアクセスできないところに家を買ってしまうと、何年か経ってお子さんが遠くの学校に電車通学をするような頃、困ったことがおきる可能性があります。行きたい学校が、あなたの最寄り駅の沿線ではないために、通学しづらいというおそれがあります。これは、習い事や転職などの際にも同様のことが考えられます。ですから、この先何十年も暮らすつもりの新築マンションを購入するなら、複数路線利用しやすい立地で選ぶのがおすすめです。

有楽町線・東武東上線それぞれから徒歩数分のところにある新築マンションをひとつ、おすすめしておきましょう。「グランスイート下赤塚」というところです。こちらのWebサイトからチェックできますので、一度ご覧くださいね。

太陽光発電をビジネスとして考える

全量固定買取制度というものをご存知でしょうか?2012年7月にスタートしたこの制度、20年の間に太陽光発電のシステムで発電した電力を一定価格で買取しましょうという制度ですね。この制度が登場してから、イマイチ伸び悩み気味だった太陽光発電の普及が一気に進んだ感もあります。

当初予想されていた価格よりも、かなり割高で買取をしてくれることがわかったために、ビジネスとして参入する自治体や企業も登場しています。特に自治体などは遊休地に大量の太陽光パネルを設置することが増えてきました。

しかし、良いことづくめに思える太陽光発電のシステムですが、この先数年でバブルがはじけてしまうとも言われています。それは電力買取のプレミアム価格期間終了が迫ってきているからです。当初税抜き40円だった買取価格は、年々下がってきていて現在は30円程度になっています。それでも通常の電力買取に比べれば5割ほど高いものの、下げ幅が大きいだけに損をした感が強くなります。

また、太陽光発電システムを導入するコストの問題があります。年々パネルの価格は下がってはいるもののビジネスとして考えると投資した金額を回収できるかどうかの問題もあります。天候に左右されやすく安定的な運用が難しい太陽光発電ならではの問題があるわけですね。